講座の内容と配布物

Lock-On:二次試験講座の内容は単純です。
添削回数の違いだけでコースが別れています。

先ずは、配布される資料からご説明します。
配布される資料はどのコースでも同じです。
総監と一般部門は当然異なりますが、メインの資料はオリジナル問題とライブ講座です。

一般部門

オリジナル必須問題40問、選択科目の問題はそれぞれ科目毎に20問以上はあります。
また、解答はオリジナルに限らず、過去問題や自作問題も受付けます。
特にLock-On:二次試験講座では、問題の自作をお薦めしています。
他に、学習計画表や、課題の振り返り表、問題分析表(これは一部の部門)。
オリジナルテキストもあります。
配付資料の量と質はどこの講座にも負けないと自負しています。

総合技術監理部門

オリジナル択一問題240問+来年6月には模擬試験用に新たに40問
総監キーワード2021オール解説集
択一過去問題の解説集、5つの管理でおよそ300問を解説しています。
オリジナル筆記問題10問

令和4年度Zoomのライブ講座の内容

註)講師の都合で日程の変更はあるかもしれません。

2021年11月27日・28日:13時~15時

令和4年度:二次試験対策の進め方 匠習作
2日とも同じ内容です。

2021年12月4日・5日:13時~15時

申込書を作成しよう:匠習作
2日とも同じ内容です。

2022年1月15日・16日:13時~15時

Ⅱ-1とⅡ-2の対策は? 匠習作

1月29日・30日:13時~15時

Ⅲと必須攻略のポイント 匠習作

2月のライブ講座

日比講師:総監:経済性管理解説 2月13日(日)10時~12時
土屋講師:総監:人的資源管理 2月19日(土)10時~12時
赤星講師:総監:安全管理 2月27日(日)10時~12時

3月のライブ講座

広瀬講師:総監:社会環境管理 3月5日(土) 10時~12時
霜山講師:総監:情報管理 3月12日(土)0時~12時
日比講師:経営工学生産マネジメント解説 3月13日(日)10時~12時
土屋講師:農業部門解説 3月19日(土)10時~12時
赤星講師:機械部門解説 3月27日(日)10時~12時
匠講師:建設部門(1)3月中
匠講師:申込書を作成しよう3月中

4月のライブ講座

霜山講師:電気電子部門解説 4月2日(土)10時~12時
広瀬講師:環境部門解説 4月9日 10時~12時
日比講師:化学部門解説 4月10日(日)10時~12時
土屋講師:上下水道部門解説 4月16日(土)10時~12時
赤星講師:金属部門解説 4月24日(日)10時~12時
匠講師:建設部門(2)4月中

5月のライブ講座

広瀬講師:応用理学部門解説 5月5日(木・祝日)10時~12時
霜山講師:情報工学部門解説 5月14日(土)10時~12時
匠講師:建設部門(3)5月中

6月のライブ講座

試験直前に何をすべきか
講師全員がそれぞれ1回、ライブ講座を開催します。

コース料金

添削無し視聴コース

初受講の方:60,000円+消費税=66,000円
再受講の方:50,000円+消費税=55,000円

勉強はしたいけど、忙しいと思う方
毎年、30~40%の受講者様は、1回も論文の提出がありません。
あるいは、試験直前に1回~2回の提出があるていどです。
ほとんどの場合、激務だったり仕事が不規則だったりと不可抗力の理由があるようです。
ある程度、論文に書き慣れているのであれば、このコースでも合格は可能です。
受験経験のある方は、このコースからも合格しています。
配付資料や問題は全て同じです。
加えて、あとから追加添削を購入することも可能です。


Zoomライブ講座視聴コース




添削6回コース

初受講の方:80,000円+消費税=88,000円
再受講の方:70,000円+消費税=77,000円

申込書は1提出0.5回でカウントです。
また、再提出も修正なら0.5回とカウントします。
ただし、僅かの修正であれば質問だけで終らせれば、回数になりません。
さらに、もっと添削を受けたいと言う場合、追加添削を購入するだけで受講可能です。

註:再提出でも根本的に書き直した場合は、1回分になる場合があります。
講師の判断なので、そこはご了承下さい。


Zoomライブ講座+添削6回コース




添削17回コース

初受講の方:120,000円+消費税=132,000円
再受講の方:110,000円+消費税=121,000円
このコースでも、再提出は0.5回です。以下のような場合があります。

例-1)申込書2回(1回分)+課題13回+6問の再提出(3回分)
例-2)申込書1回(0.5回分)課題12回+10問の再提出(5回分)端数は切り捨て
例-3)申込書1回(0.5回分)課題17回、再提出無し、端数は切り捨て


Zoomライブ講座+添削17回コース




追加添削

5回の追加添削:25,000円+消費税=27,500円
10回の追加添削:45,000万円+消費税=49,500円

再受講者様も同じです。


追加添削購入




お申込み方法

お申込みは受講の意志を伝えて頂くだけで結構です。
こちらから、お返事しますが「PayPal払い」「銀行振込」どちらかの方法で受講料の入金が確認されればそれで完了です。

そのご、チャットワークへのログイン情報をご連絡します。
資料などは全てチャットワークの中でお渡しします。
添削や質問のやり取りは全てチャットワークで行います。

希に「会社のパソコンで課題を送るため、チャットワークは使えない」とおっしゃる方がいらっしゃいますが、
その場合、メールでも対応可能です。
ただし、資料を個別にお渡しすることはできないので、問題と解答のやり取りになります。

チャットワークは、ブラウザでログインできます。
パソコンがなくてもスマートフォン、タブレットでもログイン可能です。
(チャットワークの機能紹介)

使い方も簡単ですから、ぜひ活用して下さい。